三洋電機の太陽光発電システム

世界最高水準の発電効率を誇るHIT太陽電池を供給。狭い日本の屋根でも多くの発電量を生み出すことができる。現在日本で市販されている中で最高の変換効率17.0%を誇るBK200、NKH215の16.8%などが主力製品。古くは電卓等で使われているアモルファス太陽電池の工業化に世界で初めて成功し、このアモルファスと単結晶シリコンを併用し開発したのがHIT太陽電池。

高温による発電効率減少が少ないのも特徴。一般のソーラーパネルは夏場20%、冬場10%の高温による発電効率の減少が見られるが、HITは夏場でも12%、冬場で6%の減少にとどめることができる。

個人的には一番購入したいと思っている太陽電池です。発電量が最多なので投資回収効率が高いのが最大の魅力。でも屋根の形が変わってるので、本来のパワーを発揮してくれるかどうかが懸念点。でもとにかく品質が高い。オススメです。

SANYOのホームページより抜粋

結晶系基板と、p型及びn型アモルファスシリコン層の間に不純物を添加させないi型アモルファスシリコン層を形成することで、界面特性の向上を図り、発電ロスを減らすことが可能になりました。



このページの先頭へ