京セラの太陽光発電システム

20年近い販売実績を持つ京セラは太陽光発電システムのパイオニア的存在。長さの異なるソーラーパネルを組み合わせるサムライとベーシックタイプのエコノルーツの2種類のラインナップで、様々な屋根に対応できるようにしているのが特徴。多結晶によりコストを抑え、発電効率は低めながらもデザインの美しさを実現できる。

落雷、火事、台風、洪水の被害にも保証を適用できたり、1年目の定期点検を無料で行ってもらえるなどアフターフォローが手厚い。

私は発電効率を重視しているので、個人的にはあまり製品としての魅力は感じませんが、日本の美しい屋根を守るというスタンスには共感します。京都の会社だけに景観を大切にしているのかな。笑


京セラのホームページより抜粋
屋根と一体感が出るデザインの秘密は京セラ独自の「Step Style」技術。サムライ(SAMURAI)は「太陽電池が付いているのかわからないぐらい綺麗に屋根に馴染んでいますね」というお客様の喜びの声をいただきます。屋根に馴染む秘密・・・。それは京セラ独自の「Step Style」(ステップスタイル)を採用しているからです。太陽電池を従来製品より、重さを約3分の1に軽く、厚みも約5分の1に薄くしました。また、短いタイプと長いタイプの太陽電池のバリエーションを作り、屋根の大きさ、設置容量に合わせて使い分けます。



このページの先頭へ